お金を借りる時の注意点

お金を借りる時の注意点

お金を借りる場合、気を遣う部分がいくつかあります。

 

返済プランをきちんと提示することは社会人としての常識で、多くの部分が責任という上で重要視されるのです。

 

借りたお金はきちんと返すという当たり前のことを守るのが、現代における社会人のマナーと言えます。

 

お金を借りる メリット http://www.lakeforestvacations.com/

 

万が一、借りた額全てを返せない場合、早めに対応するのも大事です。

 

期限を考え相手にすぐ連絡すれば、それだけ信頼性を失うことを最小限に留められます。

 

きちんとした理由を述べ、納得のいく説明を求められますが、嘘をつかずに実情を話し、お金の管理を行いましょう。

 

借りた金額をきちんとメモすることも大事です。

 

また、金融会社の場合は利息がありますので、払える範囲で借りる際に計算しておくことが重要になります。

 

自分の年収に見合った借金をすることが大事で、お金を借りる際のマナーとも言えます。

 

きちんとした態度で借りる側は誠意を見せましょう。

 

また、金額に対して明確なプランを提示する場合は、正統な証明も大事です。

 

信頼のある友人などに間を取り持ってもらったり、自分の社会的な立場を明確にし、責任を取れる立派な大人であることをきっちりとアピールしましょう。

 

返済計画さえちゃんと作られていれば、借金を作ることは怖くありません。

社会的信用がなくてもお金を借りる方法

 

お金を借りる時にまず必要なのが社会的信用です。

 

これは友人に借りる時にも金融機関に借りる時にも必要となります。

 

でも職を失ってしまった時など、収入が安定しない時期の方がお金を借りる事の方が多いように感じます。

 

そういう人には質屋を利用すると社会的信用がなくても借りる事が出来るのです。

 

 

 

でも質屋のシステムをあまり理解していない人も多い為に、どちらかというと質流れの方ばかりに注目をされていますが、本来は借りる方が正しいのです。

 

そして利息の方は最大で月額9%までとなっていますが、店によって利率は異なります。

 

多くの場合には借入額が多ければ多いほど利率というのは下がるので、段階的な額を計算しながらいくとより安くお金を借りる事が出来るのです。

 

この質屋の良さはお金を返せなくなった時には質流れになるので、返済が出来なくなった時に借金地獄のような事は避ける事ができるのです。

 

 

 

でも注意せねばならないのが、質屋の場合には月単位で利息計算している事も多いので、日数によっては負担が大きくなる事もあります。

 

そして返す事が前提であれば商品の価値よりも少ない金額でも借りる事が出来るので、返済目的なら伝えて借りる金額の調整をすると返済も楽になります。

 

このように質屋はお金を借りる時に便利です。

お金を借りるときは返すことを前提に

 

お金が手元にないときだけ誰かからお金を借りるとは限りません。

 

たとえば自動販売機でジュースを購入したいものの、小銭が財布の中に入っていないがために小銭を借りるというケースなどがあり、このようなシーンでたいていの人は「小銭ちょうだい」ではなく「小銭貸して」といいます。

 

このように訪ねられて断る人はまずいません。

 

たいていの人は小銭を渡してくれます。しかし小銭を受け取った人は「小銭貸して」といっていますので、これを返す必要があります。

 

小銭を貸してくれた人が「返さなくていいよ」といってくれた場合に限り、お金を返すという責任から免れるのです。

 

小銭を誰かにあげることに抵抗を感じている人は意外と多いものです。

 

小銭であってもお金はお金です。

 

それで相手の気持ちを考えてむやみやたらと小銭を取り上げて、返さないということを避けるべきです。

 

中には人目を気にして貸した小銭を返さなくてもいいという人もおり、非常に気の毒です。

 

それで前もって必要と思われる小銭を財布の中に入れておくことはそのようなトラブルを避けるのに役立ちます。

 

お金の貸し借りはときに様々な問題を引き起こすことがあります。

 

しかしこのようなちょっとした気配り一つが、多くの問題を防ぐ結果につながることがあるのです。